東京大学情報基盤センターPKI

コード署名用証明書の申請手続きについて

はじめに

 国立情報学研究所(NII)によるUPKI電子証明書発行サービスが発行するコード署名用証明書は 普及啓蒙を目的として無料にて提供されるため、当面は負担金無しで発行申請が可能です。

運用規則(CP/CPS)

以下の文書には証明書申請者、TLRA責任者を含む利用者が遵守すべき規則が書かれています。

国立情報学研究所コードサイン用電子証明書サービスのための東京大学登録局の運用ポリシーおよび運用規則

制限事項

試行サービス中のため、TLRA部局からの申請のみ受付を行っています。

注意事項

発行されたコード署名用証明書については,L=機関所在地の市町村(Bunkyo-Ku),ST=機関所在地の都道府県(Tokyo)となります。

発行されるサーバ証明書の概要

SECOM Security Communication RootCA2 をルートとし、国立情報学研究所 オープンドメイン コード署名用 SHA-2認証局 CA証明書 を中間証明書とするものになります。

「国立情報学研究所オープンドメイン認証局リポジトリ」

CSR書式

Country
C=JP
State or Province(ST)
(使用しないでください)
Locality
L=Academe
Organization
O=The University of Tokyo
Organizational Unit
OU=部局名(直接申請の場合は一度ご相談ください)
Common Name
CN=The University of Tokyo

申請手順

準備

前述のCSR書式に従ってCSRを作成してください。

1

CSRファイルと共に、コード署名証明書交付申請 (Word形式)(こちらからダウンロードしてください)に必要な記載をして東京大学情報基盤センターPKI プロジェクトに申請します。

2

申請書を学内便で東京大学情報基盤センターPKIプロジェクトに提出してください。 申請書の確認とTRA承認後にクライアント証明書の発行作業をPKIプロジェクトが実施します。

コード署名の利用方法について

コード署名の利用方法についてはこちらを参照してください。